色についての考え方など

こんにちは。

家に篭ってカラーの復習やら、自分の考えをまとめたりしていたら。

1日があっという間に終わろうとしています。

ちょっとまとめたので、お伝えさせてください。


パーソナルカラーについては、4シーズンで分けるには難しい方が実際にいらっしゃいまして。

たまたま自分がそうで、診断によって迷子になったり、似合わないと決めつけて制限をかけてしまったりしたこともあり。

もっと自分自身で納得できるよう理解してからでないと触れない方がいいのではないかと思い今に至っていましたが。

最近考えている、こんな風に考えていくと良いのでは、と思うことを書いてみます。


パーソナルカラー診断をイメージコンサルティングに取り入れてらっしゃる方は皆さま、その辺はきちんとご自分の理論やセンスできちんとご提案をされているので。

どうしても自分に似合う色が知りたいという方は、その方の発信する情報をご覧になってご自分とセンスや好みが合う方のところで診断をお受けになるのをお勧めします。

自己診断をすると、診断したシーズンの中にほとんど似合う色がない!なんてことにもなりかねませんので。余計迷子になってしまいます。


わたし自身は、パーソナルカラーにはあまりとらわれず、まずはベーシックカラー、そしてぼんやりした自分の顔とボディの輪郭をくっきりとさせる際立つ色、本当の自分を理解してもらえる色を選びながら日々コーデを考えています。

つまり、パーソナルカラーよりは、自分のなりたいイメージに近づくカラー、パーソナリティーや、役割に合った色を選んでいます。

① 顔周りと上半身に白っぽい色を使わない

顔とぼやぼやな上半身にふんわりした色、子供っぽい色を使わない。

こんな色は、顔色こそは明るくしてくれるので、皮膚としては綺麗に見えるかもしれませんが、大人としてすっきりは見えないのです→わたしの場合。

また、役割としてこんなふんわりした仕事ではないので、わたしには似合わないのです。

②似合わない色はわかる

わたしがよく色違いで同じデザインのアイテムを買っていたのでわかるのですけど。

似合わない色は着た途端にわかります。

もう、「あ!ダメだ、これは。」と。

(ご参考↓わたしの2大似合わない色)

自分が4シーズンのどれに当てはまっていようと、似合わないものは自分で思った通りでほぼ間違いないはず。

4シーズンにとらわれすぎて、似合わない色を似合うはずと思う必要はないということです。

わたしは、瞳の色は薄いブラウンで肌や髪色などからも、もし強いて分類するとなると「スプリング」になるかと思います。

実際、スプリングの色のドレープをあてると、肌がきれいに見え、シミが薄く見えます。

血色が良く、目も綺麗に見えたり。

ただ、洋服として着るとしてチェックをしていくと。

いわゆるスプリングのカラーはほとんど似合いません💦

顔色は良くなっても、ぼやけるんですよね、全身が。

あと、子供っぽいイメージの色が多いので、大人顔には違和感が出ます。

なので、自分の感覚でこの色は色として似合わないと思ったら、一旦その判断を信じるようにしています。

この2色は何度、どんなアイテムで着てみても見事に似合わないので逆にすごい色。

(似合う方、多い色なのに💧)

③違和感のない色

前に一度書きましたが、誰かにコーデやアイテムをほめられるって、洋服だけが浮いているということだと思います。

少なくともその人の目には、わたしではなく洋服の方がより多く印象付けられたということ。

そういうことにならないように。

自分が一番相手の目に入るようなコーデ。

そのための色を選ぶのが良いかと思っています。

それでは地味な色を選んで、地味な印象になってしまうんじゃないか!

と思われる方もいらっしゃるかと思いますが。

「地味」というのも違和感です。

「派手」「地味」はどちらも違和感なので、地味と思うということは、洋服の地味な印象がご自分よりもずっと強く残ってしまっているということ。

そうしたら、ご自分に違和感のない色を選び直すべきなのかもしれないです。

こんなベーシックカラーの配色は、すごく似合って素敵な方と、地味な方に分かれます。

どなたかが素敵でも、自分には地味ということはよくあるので。

違和感のない色を探してみます。

いろいろな組み合わせで。

そして、

「おっ!これ、わたしが好きだし似合う!」

と思ったら、写真やメモなど記録に残しておき。

数がそれなりにまとまってくると立派なデータで、そこから見えてくるものがあり。

興味深いです。

こんなこと考えながら、最近また色にハマっています。

今日、こんな風に長々と書いた考え方を、もう少しわかりやすく手軽に使えるような手法に落とし込めないかな、なんて考え始めていまして。

考えていたら楽し過ぎて、あっという間に日曜日が終わってしまいました。

もう少し篭りたいくらいです。


SNS

Instagram

Pinterest

では通勤コーデだけをまとめています。

こちらはファッションが主です。

※インスタのストーリーズはほぼ毎日アップしています。(ファッション以外のこと多し)

Twitter

欲しいもの、買ったもの、気がついたことなどをその場でつぶやいています。


こちらは50代、60代の皆さんのファッションブログランキングです。

ステキなブログをぜひ!


50代ファッションランキング


60代ファッションランキング


コーディネートで参加しているサイトです。

こちらも是非!

2neigung


ブログのコーデが掲載されているのはこちらです。

ロングカーディガンのおうちコーデと自己紹介

こんにちは。

2020年になりました。

今年もどうぞよろしくお願いします。


本日のコーデ

ロングカーディガン  GU

ニット  無印良品

パンツ  ANAYI

くつ   STORY NINE

今日は1人だったので、家から出ずに映画を観ながら、化粧品の整理を細々としていました。

夜になって夫が帰国して、やっとお正月という感じに。

家の中でも少しは明るい色を着てみようかとこんなコーデで過ごしていました。

パンツはもう少し細身の方がスタイルアップしたかも。


自己紹介

年の初めということで。

少し自分のことを紹介させていただきますね。

53歳、職業会社員。

入社以来ずっと事務を担当していましたが、役職が上がるとともに外に出る業務へと変わることになり。

同時に、営業を担当する新任者を対象としたビジネスマナーを教える講師としての活動も担当することになりました。

そのビジネスマナー講座で、ビジネスを成功させるための重要なポイントの一つとして「第一印象」「好感度」を伝えていく中で。

効率よくアップする方法として、パーソナルカラー 、骨格診断に興味を持ったのがすべての始まりでした。

パーソナルカラーアナリスト、骨格診断アナリストの資格を取得後、更に顔タイプアドバイザー1級を取得。

更にメイクが与える影響の大きさも見逃せないことから、顔タイプメイクアドバイザーの資格も取得し、トータルでのイメージアップ、似合うファッションを研究しています。

2019年1月〜7月までは個人コンサルティングも実施し、延べ50人の方の似合う傾向、ファッション、メイクをお伝えしました。

現在は個人コンサルティングはお休みをして。

ブログで、毎日本当に着て出かけているコーデをアップし、似合うファッションを見つけるための情報を発信しています。

ブログは2018年7月1日にameblo でスタート。

amebloでは1000人以上の方にフォローをしていただき、お読みいただいていましたが、もう少し自分らしいブログを作りたいと、11月に現在のWordPressに移行。

こちらで毎日書いています(←イマココ)

絶対にこだわる部分や、好きなショップ、好きなアイテム、選ぶポイントなども書いていますので。

ふーん、こんな考えの人もいるんだなー、

なんて軽くお読みいただけたら嬉しいです。

もちろん、しっかりとお読みいただきコメントなどいただけたら、それもとても嬉しいです。

今年もどうぞよろしくお願いします。


フォローをしてくださる方が増えていて嬉しく思っております。

ありがとうございます😊

コメントもぜひお寄せくださいね。

お待ちしております。


SNS

Instagram

Pinterest

 

では通勤コーデだけをまとめています。

こちらはファッションが主です。

※インスタのストーリーズはほぼ毎日アップしています。(ファッション以外のこと多し)


こちらは50代の皆さんのファッションブログランキングです。

よろしければご覧ください。


50代ファッションランキング


スタイルデリ【 STYLE DELI 】

ブルーニットの休日コーデと色を考える時に考えること

こんにちは。

乾燥の季節、戦いが始まりました。

身体中の保湿に全力の日々です。

本日のコーデ

ニット  STYLE DELI

スカート MADISON BLUE

こんなコーデで、月に一度のエステに行ってきました。

サロンの方とお話ししていたら、今回が今年最後だったことに気付き驚愕。

今年初の「良いお年をお迎えください」のご挨拶をしました🎍

パーソナルカラー で言うと、ウィンターのロイヤルブルーのニットです。

色についての考え方

2年前、自分がパーソナルカラーの勉強をする前と、している時の2度、パーソナルカラー診断をしていただいたことがありますが、診断はそれぞれスプリングとサマーでした。

その時はどちらかが間違っているのかな、と「誤診」という文字が浮かびましたが、今自分で自分のことを分析してみると。

間違っていたということはないのかも、と思います。

「良い」「似合う」と思うのは個人の好みやセンスが入るので、誰かはいいと思っても誰かはそう思わないことがあり得る。

明らかに「サマー」という方は少なく、サマーの中に似合う色は多いけど似合わない色もあるし、スプリングの色やウィンターの色の中にも似合う色があるとか。

世の中、そういう方の方が多いのではないでしょうか。

そうすると、専門家に個別の深い診断を依頼しないと実践的な細かい傾向はわからず、パーソナルカラー にとらわれることでより迷子になってしまうこともあると思います。

自己診断で似合う色を見つけたいと思ってらっしゃる方は、このブログでもお伝えしているようにご自身でデータを積み重ねて行くしかないと思います。

2、3度着て似合わなかったから、この色は似合わない、どうしよう?ではなく。

例えば、似合わない色に出会った時は、似合わないのは色だけの問題なのかと考えてみます。

素材だったのかもしれないし、デザインだったのかもしれない。

はたまた、環境だったのかもしれないです。

先日「黒が似合わない」というコメントをいただきました。

コメント、ありがとうございます😊

多分、黒をお召しになった時に違和感を感じられたのだと思いますが、その違和感の原因は本当にパーソナルカラーなのか、パーソナルカラーだったとしてもカラーだけなのかを考えてみるとします。

ここからは、コメントをくださった読者さまとは関係ない勝手な想像ですので、それを踏まえて読み進めてください。

丸顔で丸みのある大きな目の優しいお顔の方が、黒のVネックニットを着て違和感を感じたとします。

骨格タイプがストレートなので、Vネックというデザインはよく着ているのに今まで違和感を感じたことは一度もないという方だったら、黒という色が違和感の原因のように思われると思います。

でも、お顔に曲線が多い方であれば。

直線を感じるVネック自体も元々お得意ではなかったのかもしれません。

それでも、骨格タイプがストレートなのでVネックを着るとスッキリ見えることから、Vネックには違和感を感じることはなく、優しいイメージの曲線のお顔に合う、優しい色のVネックはお似合いになっていたのかもしれないですし、それがパーソナルカラー であれば余計にお似合いになっていたと思われます。

違和感の原因いろいろ

  • 黒の持つ強いイメージが優しいお顔のイメージと合わなかった
  • Vネックが顔のイメージと合わなかった
  • 黒を着ると顔色が悪くなる(パーソナルカラー ではない)
  • デザインが顔タイプと合わなかった
  • デザインが骨格タイプと合わなかった
  • 素材が顔タイプと合わなかった
  • 素材が骨格タイプと合わなかった
  • 着ていく場所が合わなかった

(ちなみにわたしの場合、違和感の原因は素材であることが多いです)

人によって、色が大きく影響する方、デザインが大きく影響する方などいらっしゃると思いますが、「黒」という問題点がすでに明確になっているのであれば、あとは試着しながら潰していくしかない!

写真のような黒のVネックニットがダメであれば、クルーネック、タートルネックを着てみたり、ハイゲージのもの、ローゲージのものを試してみたり。

シャツ、ブラウスを着てみて、ブラウスも直線的なもの、曲線的なものを着てみる中で比べてみると、何を避けるべきなのかがわかり、黒でも着られるアイテムも見つかるかもしれないと思います。

長くなりましたが、ぜひいろいろな色、デザイン、素材を試着なさって、お似合いになるものを見つけてファッションを楽しんでください。

わたし自身が4つのパーソナルカラー ではなかなか分類が難しい(これがベストカラー!というのが特になく、どれもそこそこと診断されてしまった)タイプですので、毎日こんな風に考えています、というお話しでした。

長々とお読みくださいましてありがとうございました😊


SNS

Instagram

Pinterest

 

では通勤コーデだけをまとめています。

こちらはファッションが主です。

※インスタのストーリーズはほぼ毎日アップしています。(ファッション以外のこと多し)


こちらは50代の皆さんのファッションブログランキングです。

よろしければご覧ください。


50代ファッションランキング


スタイルデリ【 STYLE DELI 】